ドイツで海外生活!フランクフルトの治安・オススメ観光スポットを紹介

ドイツで海外生活!フランクフルトの治安・オススメ観光スポットを紹介

こんにちは、ドイツ在住ライターのMic(@miku427)です✨

現在ドイツのフランクフルトに住んでいるのですが、この「暮らしの王子様」ではドイツでの生活や海外旅行について、みな様へ素敵な情報をお届けさせていただこうと思います✨

こちらは短い秋が終わり、激寒である冬のシーズンが訪れ中。(上の写真はまだ暖かったときのもの)

フランクフルトの冬は北海道レベルなんですよ!

 

そんな寒い冬も全力で楽しむべく今月末からはクリスマスマーケットを全力で駆け周っていくつもりなので、興味ある方はぜひぜひチェックしてくださいね✨

それでは今回は自分の住む街フランクフルト。一体どんなところなのでしょうか。ご覧ください✨

 

ドイツの金融都市!フランクフルト

ドイツの商業・金融の中心都市といわれるフランクフルト。

マイン河畔と呼ばれる場所には大手銀行や外資系金融機関の高層ビルが数多く立ち並んでいます。

 

日本から直行便が複数出ているためフランクフルトを知っている・訪れたことのある人は多くいると思いますが、「欧州へ行く際の玄関口」なんて言われるくらい、実は世界的にもメジャーな場所なのです✨

ハブ空港として国内外たくさんの人に利用されているため、ふらっと街を歩くだけで日本ではあまり味わうことのできない多国籍な雰囲気をたーくさん味わうことができます。

 

一つの国にいながら色々な文化や食を楽しむことができるのもフランクフルトの魅力なんですね。

特に食については、美味しいレストランがたくさん!ドイツといえば「ビールやソーセージ」というイメージが強いと思いますが、ここフランクフルトではそれだけではありません。

様々な国のそれも本場の味を強烈に楽しむことができるため、フランクフルトに立ち寄った際にはぜひぜひ「食」の方も楽しんでみてほしいです。

 

さてさて、そうは言ったものの海外って何だか危ないイメージがあり「楽しそうだなぁ」くらいでは実際に訪れることは難しいことでしょう。

なので、ここからはヨーロッパ旅行の際に不安となる治安・フランクフルトの観光スポットについて紹介していこうと思います✨

 

フランクフルトやヨーロッパ全体の治安について

最近ヨーロッパの各地にて大規模なテロが起きておりヨーロッパ全体の治安を心配をされる方が多いです。

私も実際フランクフルトへ住むまではスゴーく不安に思っていました。リュックや横かけバックは危ないからダメ!カバンは必ず自分の前に持ってくる!と頭の中で幾度と再生したものです。

 

しかーし!いざ住んでみると・・・。

一部治安の悪い地域を除いては治安に関して悩むことは全くありませんでした。フライトアテンダントの友人が訪れた際も「人が優しくて穏やかな場所だね」というほど、とても暮らしやすく安全に観光を楽しめる街だと思います✨

 

一部気をつけた方が良い地域というのが「フランクフルト中央駅周辺」ですね。

特にNidda,MoselElbe通り周辺は風俗店やカジノ店が多くあるので危険度が増しています。また夜間には麻薬常習者や浮浪者が多くふらついているため近づかない方がいいです。

ただ、そこを除けさえすれば街中に関しては遅くまでレストランが開いて明るいため、「普通に」気をつけてさえいれば危険な目に遭遇することはないでしょう✨

ちなみに、言語はほとんどの店で英語が通じるためドイツ語が話せなくても不自由なく過ごすことができますよ。(私もドイツ語さっぱりです。笑)

 

フランクフルトの観光スポットについて

観光スポットが集中しているため街中まで出てしまえば有名な観光地を歩いて散策することができます✨

ドイツならではの木組みの美しい街並み、河畔から眺める高層ビルの数々、歴史的なオペラ会場と色々な景色を楽しむことができます。

 

 アイゼルナーシュテグ(鉄の橋)

Eiserner Stegは1869年に開通した歩行者専用の橋。

こちらもフランクフルトでは有名な観光スポットとしてたくさんの人が訪れています。

 

一度は第二次世界大戦時に壊れてしまったものの、1993年に復旧が完了し今の形が残されています。

橋の上から眺めるフランクフルトの街並みはとても美しく、夕暮れ時には川がオレンジ色に染まりまた違う一面を楽しむこともできますよ。橋にはたくさんのカップルにより永遠の愛を誓う鍵がかけられており、ロマンチック✨

橋を降りたところには遊覧船乗り場もあって船に乗りながら周遊することもできます。天気の良い日は風も気持ち良く綺麗な景色を一望するのもオススメですね。

 

レーマー広場

フランクフルトを象徴するメインの観光スポット!

旧市庁舎とも言われ階段状の木組みの建物が大変美しく、まるでメルヘンの世界に迷い込んだかのような感覚になります。

 

人はスゴく多い!毎日観光バスが止まりたくさんの観光客が美しいレーマー広場を一目見ようと訪れるんですね。またレーマー広場って結婚届を受理する役所でもあり、よく結婚パーティーが開かれてるんですよ。素敵です。

こんな素敵な場所で結婚式なんて最高過ぎませんか?✨

 

聖バルトロメウス大聖堂


Dom(ドム)」の愛称で親しまれている聖バルトロメウス大聖堂。

15世紀に完成したバロック様式の教会で、外からの眺めはもちろん教会の中もとても美しいことで有名です。

ドイツ国内で7番目に大きいパイプオルガンも見ることができます。

大聖堂の内部は無料で見学することができるので、ぜひ中に入ってバロック様式の建物の美しさも楽しんでください。

 

パルメンガルテン


市内の観光を終えて時間が余った際にぜひ行って欲しいのがこちら。

22ヘクタールという広大な敷地を持つ国内最大級の植物園「パルメンガルテン」です。

 

ゆっくり見学すると2~3時間はかかるので時間の確保が必要ですよ。

入場料は大人7ユーロ、子供(6~13歳まで)2ユーロであり、日本円で考えると大人は900円くらいで子供は300円いかないくらいですね。

 

そして植物園を訪れた際には隣接している人気カフェ「Siesmayer」もぜひ訪れて欲しいスポットの一つです。ガラス張りの店内から美しい庭園を楽しみ、自家製のケーキを食べることができます。

いつ行っても人が絶えない人気カフェなので植物園を訪れた際には足を運んでみてください。

 

クリスマスマーケット

そしてフランクフルトといえば有名なのがクリスマスマーケット!

フランクフルトのクリスマスマーケットは1393年から行われており、ドイツでもっとも古く美しいマーケットと称えられています。毎年300万人を超える人が訪れ、200を超える屋台が出展されているんですよ✨

 

メイン会場となるレーマー広場には目も見張る大きさのクリスマスツリーが登場し、木組みの建物が美しくライトアップ。そんな美しい街並みを見ながら温かいグリューワインを飲むのは最高の幸せです。

ぜひクリスマスマーケットの時期にドイツに遊びに来てください✨

 

これ以外にもフランクフルトから少し足を伸ばせば素敵な観光地がたくさん。

世界遺産のレジデンツ宮殿が素敵なヴュルツブルクや、メルヘンな絵本の世界が広がるローテンブルク、ミュンヘンへも電車で行くことができますし本当便利な立地。

これからフランクフルト近郊の街や、隣国への旅レポートも書いていきますのでお楽しみに♩

 

まとめ

今回は初回ということでフランクフルトの基本情報を紹介しました✨

フランクフルトには、観光ガイドブックに載っていないオススメのレストランや、美しい景色が楽しめる小さな街がたくさんあります。

 

これからは美味しいレストラン情報や、近隣のオススメ観光スポットについてもたくさん紹介していきたいと思います✨

ぜひお越しの際はその魅力を存分に楽しんでくださいね。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By マネージャーK

    はじめまして。旅と食べ歩きが大好きなマネージャーKです。

    フランクフルト、いいですよね。ご指摘のとおり、これまでフランクフルトは通過点としてしか利用してなかったのですが、12月に初めて滞在して、クリスマスマーケットを中心に楽しみました。でも、まだほとんど市内観光が足りないと思うので、再度の訪問を企んでいます(笑)。

    確かに英語で十分通じるし、下手なドイツ語を使うと、逆に英語で答えが返ってくる始末でした(笑)。

    これからの情報を楽しみにしています。よろしくお願い致します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)